I love abyssinian.


アビシニアン大好き♪
by alivila_aby
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

猫に危険な食べ物と危険な植物

*人には無害でも、猫には危険な食べ物もある 猫に人が食べているものをあげると、とても喜びますが、しつけや猫の健康のために与えないようにしてください。人の食べ物は、猫には塩分や脂肪分が多すぎ、長年食べ続けていると、肥満や腎臓病になるおそれがあります。また、人が食べてもなんでもないけれど、猫にとっては健康を害する危険な食べ物もあります。

【タマネギや長ネギ】
タマネギや長ネギなどのネギ類やニラには、猫の血液中の赤血球を破壊する成分が含まれており、猫がネギ類を食べると急性の貧血を起こしたり、血尿を出したりします。毒性は加熱しても破壊されません。

【イカ】
「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言いますが、これは迷信ではなく、生のイカを食べるとビタミンB1欠乏症を起こし、腰がふらついて歩行困難になることがあります。また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると消化不良や嘔吐の原因になります。


【生の豚肉】
生の豚肉には、人獣共通感染症の一つである「トキソプラズマ症」の感染源となる、トキソプラズマ(原虫)のオーシストという卵のようなものが含まれていることがあります。加熱すればオーシストは死滅します。

【牛乳やチーズなどの乳製品】
猫には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ないので、下痢を起こすことがあります。また、子猫には猫用のミルクを与えてください。

【塩分の多い食品】
汗腺が発達しておらず、ほとんど汗をかかない猫は、人の約3分の1程度の塩分しか必要としていません。人と同じ食べ物は、猫にとっては塩分が強すぎ、体に悪影響を与えます。

【刺激の強い香辛料】
わさびやこしょうなどの香辛料は、胃を刺激して感覚を麻痺させる恐れもあります。

【冷蔵庫から出したばかりのもの】
冷蔵庫から出したばかりの冷たい食べ物は、お腹を冷やして下痢をしやすくするので、常温に戻してから与えてください。

愛猫と暮らす生活事典 ‥‥ 猫と快適に暮らすための基礎知識

↑からお借りしました。
色々勉強になることが書かれてます。
ブリーダーとは言っても何でも知っている訳ではありません。
猫(アビ達)に教えてもらうことや、先輩のブリーダーさんとの会話、本やインターネットで知る知識も多いです。

ユリは猫にとって猛毒な植物の代表みたいなものですが…
観葉植物(身近なものでは、アイビー、ポトスなど)にも有害とされるものが沢山あります。
[猫のデータベース] さんより抜粋させていただきました。
猫には危険な植物
★食用として知られている植物 ★

*アーモンド(種)           *サクランボ(種&弱っている葉)
*アスパラガス               (挽いて粉になったもの)
*アプリコット(未果実)        *サクランボ(最も野生の種類)
*アルファルファ            *スモモ(未果実)
*アンズの種(未果実)         *トウモロコシ
*イチジク(たれている汁)       *ビワ(未果実)
*イチョウ(ギンナン)         *マッシュルーム(食用キノコ)
*ウメ(未果実)            *モモ(未果実)
*バイオリン葉イチジク         *りんご(種や葉)

★一般的に知られている植物 ★

*アジサイ               *スズラン
*アロエ                *セイヨウキョウチクトウ
*オシロイバナ             *ゼラニウム
*カラジューム             *ソテツ属
*キキョウ               *ニオイスミレ(パンジー)
*菊                  *ニチニチソウ
*クロッカス              *シクラメン
*ゲッケイジュ             *シダ
*ゴクラクチョウカ           *シャクヤク
*サクラソウ              *ポインセチア(低い毒性)
*サボテン               *マリゴールド
*鉛筆サボテン             *リリー
*ジャスミン              *ロベリア
*スイトピー

◆-キンポウゲ科   ◆-ケシ科      ◆-ユリ科
*ウマノアシガタ   *ケシ        *イヌサフラン
*オキナグサ     *ケマンソウ     *オモト
*オダマキ      *タケニグサ     *タチアオイ
*キツネノボタン   *ポピー(ケシ)   *コバイケソウ
*キンポウゲ     *ヤマブキソウ    *シュロソウ
*クリスマスローズ            *ツクバネソウ
*クレマチス     ◆-サトイモ科    *バイケイソウ
*ケキツネノボタン  *カラー       *ハシリドコロ
*トリカブト     *ザゼンソウ     *ヒヤシンス
*ハンショウヅル   *ディフェンバキア  *オニユリ
*ヒエンソウ     *マムシグサ     *東洋の百合
*フクジュソウ    *モンステラ     *平和百合
                    *チューリップ
◆-ツツジ科
*アザレア                 ◆-ヒガンバナ科
(サツキ、ツツジ)            *アマリリス
*アセビ                  *キツネノカミソリ
*アメリカシャクナゲ *シャクナゲ      *スイセン
*ハナヒリノキ               *黄水仙
*レンゲツツジ               *ラッパスイセン
                     *タマスダレ
◆-ナス科                 *ハマユウ
*イヌホオズキ               *ヒガンバナ
*ジャガイモ
*たばこ                  ◆-ツル性植物
*チョウセンアサガオ            *アイビー
*トマト(緑色の果実、ステム、および葉)  *アイリスアイビー
*ナス                   *アメリカヅタ
*ヒヨドリジョウゴ             *イングランドアイビー
*ホオズキ                 *グレイシャーアイビー
                     *スィートハートアイビー
◆-高木、低木、観葉木 *アメリカンイチイ  *デビルアイビー
*イチイ                  *ニードロポイントアイビー
*イギリスイチイ              *ポトス
*ウエスタンイチイ             *アサガオ
*ウツギ(梅の花)             *チョウセンアサガオ
*ゴムの木                 *ツタウルシ
*インドゴムの木              *フジ
*オーク(毒オーク)
*トチノキ
*セイヨウトチノキ(マロニエ)
*セイヨウヒイラギ
*ヤシ
*サゴヤシ
*ドラゴン木
*ナンテン
*マダガスカルドラゴン木
*マユミ
*ミツマタ
*ブッシュ
*ブナの木
*松
*ヤツデ
*ランタナ
*ユーカリ

◆-その他
*タロイモツル             *ドクニンジン
*アマ                 *ハズ
*アメリカヤマゴボウ          *ハリケーンプラント
*イヌホウズキ             *ヒヨス
*イボタノキ              *ベラドンナ
*エメラルドフェザー          *フルーツゼリープラント
*オトナシソウ             *ブルールピナス
*カストール豆             *フロリダビューティー
*木フィロデンドロン          *ベインベリー
*エルサレムサクランボ         *ベラドンナ
*ザゼンソウ              *ホウオウボク
*サンギリアナ             *ミニチュアハズ
*ジギタリス              *メスカル酒豆
*ジャワ島豆              *ヤグルマギク
*常緑植物               *ヤドリギ
*ジャングルトランペット        *ユーオニムス属
*スイカズラ              *ブルールピナス
*スノードロップス           *ユキノハナ
*セイヨウニワトコの実         *ヨモギギクカラシ
*ダイオウ               *リボンプラント
*タイワンセンダン           *ルピナス
*ダフネ                *ルリハコベ
*中国常緑植物             *ローズマリーエンドウ豆
                   *ロコ草
ユリは猫にとって猛毒
アメリカではすべてのユリ科の植物が猫にとって腎臓の機能不全を起こす猛毒であることは良く知られているらしいです。しかも毒なのは、花粉だけではなく、ユリのすべての部分らしいです。葉っぱを一枚食べても死んでしまうそうです。しかも、このときに出る症状は劇症で、ユリを何らかの形で体内に取り入れてから6時間で猫を救うことが不可能になるのだそうです。6時間以前でも、量によっては猫を救うことができないそうです。だいたい18時間で腎臓が機能不全を起こすのだそうです。
問題なのは、多くの方が愛猫がユリを食べても、動物病院に担ぎ込めさえするば大丈夫と思われている事です。
実際には、治療してもユリ中毒から生還できる猫は極めて少数であり、大多数の猫が死に至るとういう現実です。
特に、子猫の場合は絶望的です。
つまり、愛猫の命を守るには猫がユリを食べないよう予防的な対応が最も大切だと言う事になります。

ユリの毒による症状は

長期間にわたる嘔吐
拒食症的症状、または鬱症状
腎臓機能不全
が主なものだそうです。

アボカド(皮、種、実)や各種ナッツ、林檎の種、アロエ、ツタ、ウルシなども猫には有毒だそうです。

知らなかったではすまないことになります。
猫がユリの横を通った時に、ユリの花粉やめしべの汁が猫の体に付いたとします。
猫が毛づくろいをして舐めてしまったら…大変なことになるのです。
少しでも多くの猫の飼い主さんに知っておいてもらいたい知識です。

私も花や観葉植物は好きで部屋に以前は置いていました。
ユリは私の大好きな花でもありました。
猫を飼うようになって、それは…あきらめました。

アリビラの仔猫もオーナーさん宅で2005年5月にユリを誤って口に入れ亡くなっています。当時私もオーナーさんもユリがそれほど怖いものだということを知りませんでした。
猫にとっての有害植物 その1 [2005-05-31 01:01 by alivila_aby]

猫にとっての有害植物 その2 [2005-05-31 00:31 by alivila_aby]

猫にとっての有害植物 その3 [2005-05-31 00:31 by alivila_aby]

猫にとって有害とされる植物があるということを多くの方に知ってもらいたいです。
そして、植物をおうちに置かれる場合は十分注意してもらいたいと思います。

本音を言うと、猫がおうちにいる場合は、植物はあきらめて…ぐらいに思ってます。
[PR]
by alivila_aby | 2007-07-17 23:58 | 動物・ペット・猫

ファン

ブログジャンル

画像一覧