I love abyssinian.


アビシニアン大好き♪
by alivila_aby
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

猫にとっての有害植物 その1

これは、猫にかかわる、飼い主さん、ブリーダーさん、獣医さん、より多くの方々に理解し、認識を新たにしていただきたい事柄です。
生後5ヶ月になったばかりのアビシニアンの仔猫が、すかしユリの蕾(小指の先ほどの小さい蕾です)を誤って口に入れ亡くなりました。

5月の連休、5月3日の出来事です。
朝、出掛ける時は、いつもと同じ元気なメルロでした。
帰ってきたら、様子がおかしい?
元気がない?
どうしたのか??と見ていたら、目の前で、嘔吐したそうです。
嘔吐したものの中にすかしユリの蕾があった。
状態の異常、ユリの蕾。
オーナーさんは、内科のお医者さんです。
すぐに、これはと思われたそうです。
あわてて調べたら、ユリは猫にとって有害植物。
たとえ、葉っぱ一枚でも食べてしまったら、
中毒症状をおこし、 腎臓の機能が破壊される。

有害植物というと皆さんはどう認識されているでしょう。

私は、もし、猫が口にしてもお腹をこわすか調子が悪くなる程度にしか
認識出来ていませんでした。
自分の無知を曝け出すことになりますが、
それも承知で書いています。
書かないわけいかないのです。
ユリやその他の有害とされる植物は、
猫にとってそれほど怖いものということを知らなかったのです。
ブリーダーの友人達といろんな話をしてきましたが、
そんな話を聞いたことがなかったのです。
私に、ユリやその他の有害とされる植物が猫にとって非常に怖いものという認識があれば、仔猫をオーナーさんにお譲りする時、必ず、お話していたでしょう。
たまねぎ、ねぎは猫に食べさせてはダメですよ、
ぐらいのお話しかオーナーさんにはしていませんでした。
わかっていなかったのです。
有害植物のことをもっと知っていれば、
猫が口にすると、命にかかわることになるということを認識していれば、
メルロを死なせてしまうことはなかったと思います。
オーナーのM先生ご自身も、知らなかったばかりに申し訳ないとおっしゃいます。
私も、わかっていたら、お話出来たことなのに、悔やまれて仕方ありません。
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-31 01:01

猫にとっての有害植物 その2

順番が前後しますが、メルロくんのオーナーであるM先生が
アメリカのサイトの「有害であるユリについて」の記述を訳されたので掲載します。

M先生からのメールより
原文はPDFドキュメントですのでアクロバット・リーダーが必要です。
訳文とPDFファイルを再度、お送りします。
今しがた、読み直していましたら、イースターリリー(スカシユリ)と書いて
いましたが、スカシユリはDay lilyの方でした。訂正します。

easter lily→http://www.aspca.org/toxicplants/M01861.htm

day lily  →http://www.aspca.org/toxicplants/M01858.htm

ちなみにメルロ君が食べてしまったのはorange day lilyでした。

Animal Poison Control Centerのホームページから引用しています。
http://www.aspca.org/site/PageServer?pagename=apcc

もし添付ファイルが壊れているようでしたら、こちらからもダウンロードできま
す。
http://www.aspca.org/site/DocServer/vettech_0402.pdf?docID=354


Animal Poison Control Center and Cat Fanciers' Association Issue Alert:
Lilies Can Be Deadly To Cats!
Monday, March 7, 2005

In 2004, the Center managed over 275 cases involving lilies.

(ユリは猫にとって致死的である!)

アメリカのAPCC(動物中毒治療センター)には毎年220~280例の
ユリ中毒の猫が運び込まれるようで、猫にとっての有毒植物のTOP5に入る
といい、上記のように毎年注意を喚起しているようです。にもかかわらず、年
を追うごとに、ここに運び込まれる猫の数は増えているのです。


Textbook of Veterinary Internal Medicine 6th editionから引用翻訳

●主として腎臓を傷害する植物

Easter lilyおよびDay lily(←スカシユリ)に属する全てのユリは、猫にとって有毒である。Tiger lily、Japanese Showy lilyおよびAsiatic lilyもまた有毒である。毒素と作用機序は不明である。臨床徴候は一般に2時間以内に出現し、嘔吐、抑うつ、食欲低下を含み、1ないし3日後には急性腎不全を発症する。検査所見としてはBUN、クレアチニン、K、リン酸塩の増加を認める。摂取から18時間後には、尿中に上皮円柱が認められる。生存には早期治療が必要である。治療には、強力なグルカゴン・インスリン療法を、活性炭と輸液による利尿を様々な量で組み合わせて、BUNやクレアチニン値が正常化するまで行う。無尿の猫では腹膜透析が有効かもしれない。治療開始が18時間ないし24時間以降に遅れた場合や無尿の場合、予後不良である。腎尿細管上皮細胞壊死から死に到る。


美しいユリ~潜在的「猫にとっての厄災」(註cat-astrophe ;catastropheをもじっている)

ヴェラ.M.スティンバーゲン 主任獣医師 記

復活祭翌日の月曜日の朝のこと。クライアントから電話があり、病気の飼い猫ジェイスン、三歳のメインクーンを連れてきたいとのことであった。ジェイスンは復活祭の朝からその夜6時まで嘔吐しており、その日の朝も吐き始めたとのことであった。

ジェイスンは今まで健康であった。彼が最後にクリニックを訪れたのは2ヶ月前で、毎年のワクチン接種と歯石除去に訪れたのであった。歯科処置前の血液検査は正常で、なんら合併症は認められなかった。

診察時、ジェイスンは依然、嘔吐しており、食欲が無かった。飼い主は吐瀉物の中に、葉の断片があったことを明らかにした。彼は室内飼いであったので、飼い主に、彼が口にし得る、ありとあらゆる室内用植物についてたずねたところ、飼い主は、唯一、家の中に復活祭の前日に贈られたイースターリリーがあったことを報告した。

理学的所見では、ジェイスンは元気がなく、若干脱水傾向にあった。血液検査では重症の高窒素血症(BUN165mg/dl、クレアチニン29.1mg/dl)が明らかとなった。猫はまた尿糖と血尿を呈していた。急性腎不全の診断がついた。
2週間の輸液療法と腹膜透析の後、ジェイスンは退院し帰宅したが、今は慢性腎不全の状態にある。

毒性
ジェイスンの飼い主は知らなかったが、ユリ科の植物は猫にとって有毒である。この植物の全てが有毒とされ、葉1枚を噛んだだけで、病気になり得るのである。猫はユリ科の植物に対して特異な被傷害性があるらしい。臨床研究では、尿細管変性が猫でのみ生じ、兎やラットでは認められないし、犬に摂取させても軽微な消化器症状が認められるのみで、腎障害は認められない。

臨床徴候
ユリ中毒の臨床徴候は、摂取後2ないし6時間以内に生じる、嘔吐、無食欲、抑うつといったパターンである。嘔吐は6ないし12時間後には止まるかもしれないが、いずれ摂取24ないし72時間後には再発する。ASPCAが報告するその他の臨床徴候としては、head pressing(原文のまま)、見当識障害、運動失調、顔面と肉球の浮腫、呼吸困難、痙攣がある。
摂取後12時間で非乏尿性腎不全を発症することもある。血液生化学的検査では血清BUN、クレアチニン、カリウム、リンの濃度が上昇する。クレアチニン濃度は最大で53mg/dlが報告されている。尿検査では摂取後18時間以内に、上皮円柱や尿糖が認められるだろう。

治療
これらの植物の毒性機序は不明であり、治療はそれ以上の吸収を防ぐことと、種々の程度にある腎不全のマネージメントが目標となる。患猫の生存率を高めるには早期治療が必須で、摂取後18時間以降に治療を先延ばしすると、しばしば予後不良となる。摂取して間もない場合(2ないし4時間)では、もし他に禁忌となるような医学的背景がなければ、嘔吐を催させることが勧められる。嘔吐を誘発した後、また、嘔吐できない場合も、下剤と共に活性炭の投与を次いで行うべきである。少なくとも48時間は積極的な輸液による利尿を継続するべきである。

APCCの報告によれば、腎不全となった猫のうちには、腎機能を回復するために数週間の輸液による利尿を行ったものもある。ユリ中毒から生存し得た猫は、慢性腎不全やおそらく膵炎に移行する場合もある。ユリの摂取で急性腎不全となった6匹の猫に関する、ある報告によれば、3匹が死亡ないし安楽死させられ、3匹が生き残ったとされている。解剖は2匹に対して行われ、いずれにも膵炎の所見が認められた。膵炎はユリ中毒の結果起こると思われる。膵炎がユリ摂取の結果であるのか、血液透析の結果、二次的に生じたものであるのかどうかは判断しがたい。血液透析に導入された他の猫の場合にもしばしば膵炎は認められるからである。

結論
多くの猫の飼い主がユリの危険性を理解していない。それゆえ、獣医療従事者は猫の飼い主に、この壊滅的な危険性を周知するべきである。家の中に植物を持ち込んだり、庭に植えたりする以前に、ペットの飼い主には、植物が毒性を有することをはっきり理解してもらうようことを積極的に行うべきである。もし、植物に付けられたタグから植物の正式名称(例えば属や種)が特定できなければ、ペットの飼い主は、これらを知っていると思われる専門家(地元の花屋や植木(種苗)業者、大学の植物学部、園芸会社など)に情報を得るべく、問い合わせるべきであろう。
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-31 00:31

猫にとっての有害植物 その3

植物とあなたの猫 (ロバート ウイーン ファンデーション・レポートより抜粋に基ずく)
植物の美しさは、どんなインテリアによりも家の中を飾ってくれますが、 あなたの猫にとっては、その植物の美しさも有害であるとしたらどうしますか?
ここでは、家族の一員である猫をそのような植物から守るためにリストアップしました。
あなたの家は、だいじょうぶですか?是非チェックしてみてください。
とくにユリ科の植物は猫にとっては有害です。植物のそれぞれの部分(樹皮、葉、および種、漿果、根本、塊茎、花粉、新芽)で毒性が高いものもあります。まず、動物は毒性の高い植物を食べようとはしませんが、もしあなたの家にリストにある植物があるのであれば猫の手の届かないところへ移動させ猫の安全を守りましょう。

もしあなたのネコがちょっとしたいたずらで有害な植物を食べてしまったら急いでかかりつけの獣医師に相談また診察に行くことをお勧めします。一大事になる前に猫にとって危険な植物は家の中に置かないようにしたいものです。

いずれにしても、毒を持った美しい花や草木がこんなにも身近にあるとは驚きました。
毒のある植物の中でも、何と言っても「ユリ科」の植物がいけないようで、多くのユリの花類は勿論、チューリップ、タマネギ、すずらん、ヒヤシンス、アスパラガス、アロエ、などもユリ科なのにはビックリしました。(ユリ科は300種もあります)
それと、ツタ類(アイビー、ポトス)とか、イモなどのつる類もいけないですし、・・・
欧米でマッシュルームと一般的に言われるのは「食用のキノコ類」全体をさすようですから、キノコ類もダメッですね。
ナス科もダメッ・・・ナス、ジャガイモ、トマト、タバコなどですね。
アヤメ科は、アイリス系やクロッカス、とても種類が多いようです。
その他に気が付いたことは、花自身よりも、葉や茎、種や球根類がいけないようです。


猫にとって有毒な植物(アイウエオ順)

食用として知られている

*アーモンド(種)
*アスパラガス
*アプリコット(未果実)
*アルファルファ
*アンズの種(未果実)
*イチジク(たれている汁)
*イチョウ(ギンナン)
*ウメ(未果実)
*バイオリン葉イチジク
*サクランボ(種&弱っている葉)
(挽いて粉になったもの)
*サクランボ(最も野生の種類)
*スモモ(未果実)
*タマネギ
*トウモロコシ
*ビワ(未果実)
*マッシュルーム(食用キノコ)
*モモ(未果実)
*りんご(種や葉)


一般的に知られている植物

*アジサイ
*アロエ
*オシロイバナ
*カラジューム
*キキョウ
*菊 
*クロッカス
ゲッケイジュ
ゴクラクチョウカ
*サクラソウ 
*サボテン
*鉛筆サボテン
*ジャスミン
*スイトピー
*スズラン 
*セイヨウキョウチクトウ
*ゼラニウム 
*ソテツ属
ニオイスミレ(パンジー)
*ニチニチソウ
*シクラメン
*シダ 
*シャクヤク
*ポインセチア(低い毒性)
*マリゴールド
*マリファナ
*リリー
*ロベリア

キンポウゲ科
*ウマノアシガタ
*オキナグサ
*オダマキ
*キツネノボタン
*キンポウゲ
*クリスマスローズ
*クレマチス
*ケキツネノボタン
*トリカブト
*ハンショウヅル
*ヒエンソウ
*フクジュソウ

ケシ科
*ケシ 
*ケマンソウ
*クサノオウ
*タケニグサ
*ポピー(ケシ)
*ヤマブキソウ


サトイモ科
*カラー
*ザゼンソウ
*ディフェンバキア
*フィロデンドロン
*マムシグサ
*モンステラ


ツツジ科
*アザレア
(サツキ、ツツジ)
*アセビ
*アメリカシャクナゲ
*シャクナゲ
*ハナヒリノキ
*レンゲツツジ


ナス科
*イヌホオズキ
*ジャガイモ 
*たばこ
*チョウセンアサガオ
*トマト(緑色の果実、ステム、および葉)
*ナス 
*ヒヨドリジョウゴ
*ホオズキ


ヒガンバナ科
*アマリリス 
*キツネノカミソリ
*スイセン
*黄水仙
*ラッパスイセン*
*タマスダレ
*ハマユウ
*ヒガンバナ


ユリ科
*イヌサフラン
*オモト
*タチアオイ
*コバイケソウ
*シュロソウ
*ツクバネソウ
*バイケイソウ
*ハシリドコロ
*ヒヤシンス
*百合
*オニユリ
*東洋の百合*
*平和百合
*チューリップ


高木、低木、観葉木
*アメリカンイチイ
*イチイ 
*イギリスイチイ
*ウエスタンイチイ
*ウツギ(梅の花)
*ゴムの木 
*インドゴムの木
*オーク(毒オーク)
*トチノキ
*セイヨウトチノキ(マロニエ
*セイヨウヒイラギ 
*ヤシ 
*サゴヤシ
*ドラゴン木
*ナンテン
*マダガスカルドラゴン木
*マユミ
*ミツマタ
*ブッシュ
*ブナの木*
*松
*ヤツデ
*ランタナ
*ユーカリ


ツル性
*アイビー
*アイリスアイビー
*アメリカヅタ
*イングランドアイビー
*グレイシャーアイビー
*ジャャーマンアイビー
*スィートハートアイビー
*デビルアイビー
*ニードロポイントアイビー
*ポトス
*アサガオ
*チョウセンアサガオ
*ツタウルシ
*フジ


その他
*タロイモツル
*アマ
*アメリカヤマゴボウ
*イヌホウズキ
*イボタノキ
*エメラルドフェザー
*オトナシソウ
*カストール豆
*木フィロデンドロン
*エルサレムサクランボ
*ザゼンソウ
*サンギリアナ
*ジギタリス
*ジャワ島豆
*常緑植物
*ジャングルトランペット
*スイカズラ
*スノードロップス
*セイヨウニワトコの実
*ダイオウ
*タイワンセンダン
*ダフネ
*中国常緑植物
*ドクニンジン
*ハズ
*ハリケーンプラント
*ヒヨス
*ベラドンナ
*フルーツゼリープラント
*ブルールピナス
*フロリダビューティー
*ベインベリー
*ベラドンナ
*ホウオウボク
*ミニチュアハズ
*メスカル酒豆
*ヤグルマギク
*ヤドリギ
*ユーオニムス属
*ブルールピナス
*ユキノハナ
*ヨモギギクカラシ
*リボンプラント
*ルピナス
*ルリハコベ
*ローズマリーエンドウ豆
*ロコ草
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-31 00:31

MARCH2005の仔猫の写真UP

KittensページのMARCH2005の仔猫の写真、UPいたしました。
おチビさんの時のは、また、近いうちにUPいたします。
a0008064_22244567.jpg

[PR]
by alivila_aby | 2005-05-30 22:24

みんなほんとに大事にされてます、有難う!!

カンちゃんの写真CD-Rをお送りするのが、凄く遅くなってしまってご迷惑をかけてしまいました。
忙しかったのもあるのですが、ノンビリしすぎでした。
ずっと楽しみにされてたのにね、もっと早くお送りすべきでした。
目の前に大きくなった子がいても、小さい頃の写真見ると、こんなに小さくて可愛かったの?とつい小さい頃の写真に見とれてしまうということがよくあります。
仔猫はあっというまに大きくなってしまいます。
それを考えると毎日でも写真を撮らなきゃいけないと思うんですが、
忙しさについつい明日にしようとなかなか写真を撮らない自分がいます。
もっと、写真撮らなきゃねぇ。

カンちゃんの新しい写真、「大きくなったね、カンちゃん」って言ってる私。
いつも思うことですが、ほんとにどのオーナーさんの写真も愛情に溢れてると思うのは私だけでしょうか。
ほんとにいつも有難いと思っています。
それぞれの仔猫がそれぞれのオーナーさんの元で大事にされてると…
ほんとに嬉しいです。
a0008064_2355215.jpg
a0008064_2362596.jpg
a0008064_2363823.jpg
a0008064_2365293.jpg
a0008064_2374421.jpg

[PR]
by alivila_aby | 2005-05-23 23:09

3月生まれの仔猫

3月生まれの仔猫です。
まだ、HPに写真を掲載しての募集をしていません。
お問い合わせはあるのですが、忙しくてお返事書いてません。
ごめんなさい。
あすには写真をUPして募集しなくちゃ。
a0008064_946927.jpg
a0008064_9462399.jpg
a0008064_9463431.jpg

ペットで可愛がっていただける方を希望します。
上からルディの男の子、女の子、女の子。
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-18 09:47

モモちゃん写真

埼玉に行ったオリビアの仔猫のモモちゃん。
(アリビラのTOPページの写真はモモです。)
5月7日にご夫婦でお迎えに来ていただいて。
うちの仔猫はアリビラに残るより、それぞれのオーナーさんちのほうが
大事にしてもらってるとつくづく思います。
オーナーのSさん、有難う御座います。
a0008064_2002319.jpg
a0008064_2004051.jpg
a0008064_2005493.jpg
a0008064_201886.jpg

[PR]
by alivila_aby | 2005-05-17 20:00

アンちゃんのアスレチック

アンちゃん、アスレチック作ってもらいました。
うちにあるのよりずっと素敵。
カーペットを付けるのは仔猫には必要ですが、
大人猫にはなかっても良いのではと思います。
材料費は1万円しないので、皆様、お作りになったらどんなにいいかと思います。
a0008064_19544769.jpg

ちなみにアリビラにあるのは、10万円。
誰が見ても、どしてそんなに高いの?です。
うちに来られた方はみんな驚いちゃいます。
作ってくださいと注文してからお値段聞いてびっくり!
私もよく言い値でお金をお支払いしたなと思います。
どういうお商売なさるのか??ほんとびっくり!!
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-17 19:54

きょうは、ファラオくんと苺の誕生日

きょうは、ファラオくんと苺の誕生日です。
1歳になったんだね。
早いもんです。
きょうは、「MAY2004」(ファラオくんと苺の成長記録)を作り直しました。
写真は66枚と少なくしましたが、
1ページに1枚の大きな写真なので見ごたえあると思います。
UPに耐えてます、ファラオくんと苺。
写真見てると、ついきのうのことのようです。
苺のお誕生日のお祝いにとササミを沢山ボイルしたのに、
あっという間になくなってしまいました。
苺はのんびりしてるから、あまり食べれなかったみたいね。
ファラオくんもガツガツしていないってオーナーのSさんがおっしゃってました。
電話でファラオくんのことを話されるSさんは
ファラオくんが可愛くて可愛くてしかたないって、
先日去勢されたそうなので、ファラオくんもこれからずっとピーターパンね。
a0008064_002325.jpg

写真は仔猫の時のファラオくん。
去勢したので、お顔が仔猫の頃のようになったとか。
男の子は大人になると頬の後ろが膨らんでおじさんくさくなります。
でも、去勢するとその膨らみがなくなるんですよね。
アレックを見ていてそのとおりになったのでびっくり。
ほんとに少年の顔に戻りましたもの。
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-09 21:56

CH, GP, RW ALIVILA GLOWING ALEC

きょう、たまたまCFAのジャパンリジョンのHPを見たら、
2004-2005ショーシーズン、アワードリストが出ていました。
見てビックリしてしまいました。
なんと、アレックが入ってるではないの。
GPになったのですぐにアレックご苦労様とショーを引退したのに、
アレック、24位でRWになってました。
まさか、ねーー。
びっくりです。
まだ、アワードを走るにはアリビラは力不足。
自信が出来たら頑張るつもりだったので、
ほんとにびっくりしてしまいました。
アレック有難うね。
Myブリードの初めてのグランドでRWまで…
君はアリビラの初めての仔猫で思い入れも一番の子。
ほんと、有難う!!
a0008064_0311643.jpg

写真はアレック、私が言うのもおかしいのですが、
とにかく筋肉質のボディが凄い!
[PR]
by alivila_aby | 2005-05-06 03:01

ファン

ブログジャンル

画像一覧